社会の変化と家族葬

家族葬と人数

家族葬に明確な定義は存在していません。メディアによる情報によりイメージはできあがってきていますが、式の流れなどが決められているわけではなく、家族で行なうお葬式という言葉通りの定義でしかありません。多くのところで行なわれているのは、家族や近親者によって執り行われるお葬式であり、参列する人数を喪主側で決めてしまうところがポイントです。コンパクトなお葬式になることが注目されていますが、人数を把握できるため、遺族の負担が少ない点がメリットです。

お葬式の費用に掛かる大きな問題は、不確定要素が多いところにあります。返礼品だけを見ても、予想される人数より多くすることが求められるようになりました。本来であれば、香典に対して半額程度のものを返礼とすることが一般的でしたが、あとから発送するのは手間もかかりますし、なによりも時差を生み出すことになるでしょう。遠方になると、費用も掛かってしまいます。そこで、帰りに交換できるようにする方も増えましたが、その分だけ用意をしなければいけません。人数が不確定になると、費用も増えますし、返品を受け付けていないところでは費用面でマイナスになってしまうため、返品の有無も確認しておく必要があります。

家族葬の場合には、家族と近親者などに限定しているため、人数は変動しません。余計な返礼品や会食を用意したり、心配したりする必要もありません。そのままの数で対応すればいいだけになるため、費用の心配も少なくなる方法といえるでしょう。近親者だけであれば、そもそも返礼品が必要なくなるケースもあります。